FXで勝つ

FXで勝つ人は日記を付けている!!

勝つトレーダーは記憶よりも記録から学ぶと言いますがこれは本当です。

 

FXで勝つ人は日記を付けています。

 

トレードした通貨ペア、ポジション量、仕掛け値、損切りの値、仕切り値、
といった項目からトレードした理由や感想、心理状態等をノートに記録しているのです。

 

彼らは日記を読み返して負けパターン、勝ちパターン等を研究しています。

 

そこから自分なりのパターンを編み出して行くのです。

 

そう考えるとFXで勝つ人は研究熱心な人といえますが、
自分を知ろうとする人ともいえます。

 

誰もが知っている「敵を知り己を知れば百戦危うからず」といった
有名な言葉がありますが重要なことはこの後の続きだと言われています。

 

それは「敵を知らずして己れを知れば一勝一負す」という言葉です。

 

この言葉によれば自分のことを知っていれば50%の確率で勝つのです。

 

トレードで言えば勝ったり負けたりしながらトータルゼロの状態です。
この状態は負けない状態、資金が減らない状態です。

 

勝ってないかもしれませんが資金が減らないので運が味方に付けば儲かる状態とも言えます。

 

しかし、敵を知る=相場を知ることが出来れば利益を出して勝てるようになります。

 

テクニカルで相場を知り、日記を付けて自分を知る。

 

この中で重要なのは日記です。

 

確かに面倒臭いですが勝ちたいなら日記を付けるようにしましょう。

 

そして自分から学びましょう。そこに記録を取る意義があります。