FXで勝つ

FXで勝つ人はチャートを見ない!

少し誤解を招く言い方ですがFXで勝つ人はチャートを見ません。
正確に言うと常に見てないのです。

 

これはデイトレやスキャルピングをやっている人を見れば分かります。
彼らはモニターの前から動きません。ずっとチャートを見ています。

 

値動きを観察していると言えば聞こえが良いですが、
チャートを見ていないと落ち着かないので、
スポーツ中継を観るようについ見入ってしまうのです。

 

これは中毒症状と同じ心理状態に陥っているのですが、
本人は残念なことにそのことに気付いていません。

 

こうなると次はどうなるのか予想できます。

 

エントリーしたくなるんです。

 

刻一刻と変化する値動きから次の展開が分かる気がして、
例えトレードルールを持っていたとしても、
ここで「エントリーしたら勝てるかも」と推測し試したくなるのです。

 

予想通り勝つこともありますが、
検証したルールではないので高い確率で負けます。
勝ったとしても、それはたまたまです。

 

ここを理解せずにエントリーを繰り返すと、
それは立派なポジポジ病です。

 

ポジポジ病って聞いたことがありますか?
エントリーしたくなる病のことです。
常にポジションを持たないと気が済まなくなる病気のことです。

 

ポジポジ病に罹るとFXで負ける人になります。

 

そうならない為には常にチャートを見ない。
必要以上に見ないことが大事です。

 

エントリーしたら一定の時間は見ないこと。

 

1時間経ったら見る。寝る前に確認する。

 

このようにウォッチする時間を決めると不必要に負けません。